日本テレビ 金曜ロードショー 予定

君に届け 金曜ロードショー

君に届けが金曜ロードショーで今晩放送ですね。

秋コレ第3弾!
本当の気持ちは「届け」なくちゃ伝わらない!
ピュアなメッセージに満ちた王道青春ストーリー
もどかしいほど純粋すぎる恋物語を
多部未華子&三浦春馬が好演します!
見た目の不気味さから「貞子」とあだ名される
ピュアすぎる女子高生・爽子(さわこ)の初恋と成長を描いて、
女子のハートをワシづかんだマンガ「君に届け」。
多部未華子&三浦春馬という爽やかな2人を主演に迎えた映画版「君に届け」は、
原作の魅力である恋と友情の温かさにあふれた、
爽快感あふれる王道青春ストーリーです。
高校の入学式で、
“爽やかからできているような”
男子・風早(かぜはや)と出会った爽子。
彼女は人を疑うことを知らない正直なイイ子なのですが、
見た目が災いして「貞子」と呼ばれてクラスの中でも浮いた存在に。
一生懸命生きていれば友達ができるはずと信じながらも、
誰に対しても自分の想いを「届ける」勇気を持つことができなかった爽子が、
風早の力を借りながら親友と呼べる存在と出会い、
また初恋の楽しさと切なさを知っていきます。
真っ黒で長〜い髪の毛で顔を覆い、
常に伏し目がちで口数は少なく、
人前では緊張して笑顔がこわばってしまう異色のヒロイン・貞子こと爽子。
みんなが面倒くさがる役割は率先して引き受け、
誰かが喜ぶならと肝試しにもお化け役として喜んで参加します。
好きな言葉は「一日一善」。
そんな控えめだけど一生懸命な姿の爽子を、
女子はもちろん若い男子からオジサマ方にまで人気の多部未華子が見事に体現します。
爽子の不器用さも、
生真面目さも、
健気さも、
ひたむきさも、
そして不気味さも。
多部未華子でなければここまで可愛らしくピュアには演じられなかったはずです!
おずおずとした態度だった爽子が成長し、
少しずつ強く、
明るく表情を変えていく様がいじらしくて、
誰もが彼女を応援せずにはいられないはずです。
そんな爽子が恋に落ちる爽やかなイケメン・風早を演じるのは三浦春馬。
少年と大人の狭間の男子だけが繰り出せる
少女マンガの世界から飛び出してきたかと思うほど
キュートな笑顔はキュン死必至ですよ。
風早が爽子になぜ惹かれたのかは
物語の終盤まで言葉では説明されませんが、
三浦の表情の変化を見ているだけで
風早の恋心が育っていくのが手に取るようにわかるはずですよ。
そんな2人が、
言葉を交わす。
視線を合わせる。
隣を歩く。
手をつなぐ。
ささいな出来事を積み重ねて大切に大切に育てていく恋。
惹かれあう2人が、
自分の思いを相手に「届け」ようとする過程で
傷つき成長していく姿を、
熊澤尚人監督(「おと・な・り」)は丁寧に綴っていきます。
そして本作の見どころは、
そんな恋模様と同時進行で描かれる友情の物語にもあります。
蓮佛美沙子と夏菜が演じるヤンキー女子2人組と
爽子が互いを信頼し合い「友達」になる迄。
そして風早に思いを寄せる
チョッピリ根性がひねくれた女の子・くるみ(桐谷美玲)と爽子が、
互いの片思いを媒介に心を通わせるまで。
「知ってる? 友達ってね、気づいたらもうなってんの」
という原作にもある名台詞は、
人間関係における不変の真理です。
生きていく上で本当に大切なことを
体当たりで知っていく爽子たち女の子の姿に胸が熱くなるはずです。
体育祭や席替え、
クリスマスにお正月。
事件らしい事件は何もおきない何気ない日常の中で、
恋をして、
友情を育んで、
泣いたり笑ったりする普通の女の子の成長物語。
青春ってステキだなーと素直に思わせてくれる作品ですよ。

君に届け 金曜ロードショー 秋コレ

君に届けが金曜ロードショーでテレビ初登場!
日テレ金曜ロードショーが送る、
秋コレ全5部作の真ん中第3部作品目は、
10月28日放送予定どぇーす。

見た目の不気味さから「貞子」とあだ名される
ピュアすぎる女子高生・爽子(さわこ)の初恋と成長を描いて、
女子のハートをワシづかんだ「君に届け」(「別冊マーガレット」で連載中)。
多部未華子&三浦春馬という爽やかな2人を主演に迎えた映画版「君に届け」は、
原作の魅力である恋と友情の温かさにあふれた、
爽快感あふれる王道青春ストーリーだ。
高校の入学式で、
“爽やかからできているような”男子・風早(かぜはや)と出会った爽子。
彼女は人を疑うことを知らない正直なイイ子なのだが、
見た目が災いして「貞子」と呼ばれてクラスの中でも浮いた存在。
一生懸命生きていれば友達ができるはずと信じながらも、
誰に対しても自分の想いを「届ける」勇気を持つことができなかった爽子が、
風早の力を借りながら親友と呼べる存在と出会い、
また初恋の楽しさと切なさを知っていきます。
真っ黒で長〜い髪の毛で顔を覆い、
常に伏し目がちで口数は少なく、
人前では緊張して笑顔がこわばってしまう異色のヒロイン・貞子こと爽子。
みんなが面倒くさがる役割は率先して引き受け、
誰かが喜ぶならと肝試しにもお化け役として喜んで参加する。
好きな言葉は「一日一善」。
そんな控えめだけど一生懸命な姿の爽子を、
女子はもちろん若い男子からオジサマ方にまで人気の多部未華子が見事に体現。
爽子の不器用さも、
生真面目さも、
健気さも、
ひたむきさも、
そして不気味さも。
多部未華子でなければここまで可愛らしくピュアには演じられなかったはず!
おずおずとした態度だった爽子が成長し、
少しずつ強く、
明るく表情を変えていく様がいじらしくて、
誰もが彼女を応援せずにはいられないはず。
そんな爽子が恋に落ちる爽やかなイケメン・風早を演じるのは三浦春馬。
少年と大人の狭間の男子だけが繰り出せる
少女マンガの世界から飛び出してきたかと思うほどキュートな笑顔はキュン死必至。
風早が爽子になぜ惹かれたのかは物語の終盤まで言葉では説明されないのだが、
三浦の表情の変化を見ているだけで
風早の恋心が育っていくのが手に取るようにわかるはず。
そんな2人が、
言葉を交わす。
視線を合わせる。
隣を歩く。
手をつなぐ。
ささいな出来事を積み重ねて大切に大切に育てていく恋。
惹かれあう2人が、
自分の思いを相手に「届け」ようとする過程で傷つき成長していく姿を、
熊澤尚人監督(「おと・な・り」)は丁寧に綴っていく。
そして本作の見どころは、
そんな恋模様と同時進行で描かれる友情の物語にも。
蓮佛美沙子と夏菜が演じるヤンキー女子2人組と
爽子が互いを信頼し合い「友達」になるまで。
そして風早に思いを寄せる
チョッピリ根性がひねくれた女子・くるみ(桐谷美玲が好演!)と爽子が、
互いの片思いを媒介に心を通わせるまで。
「知ってる? 友達ってね、気づいたらもうなってんの」
という原作にもあるセリフは、
人間関係における不変の真理。
生きていく上で本当に大切なことを体当たりで知っていく爽子たち女の子の姿に、
胸が熱くなる。
体育祭や席替え、
クリスマスにお正月。
事件らしい事件は何もおきない何気ない日常の中で、
恋をして、
友情を育んで、
泣いたり笑ったりするフツウの女の子の成長物語。
青春ってステキだなーと素直に思わせてくれる良作だ。
(公式HPより)

金曜ロードショー 僕の初恋をキミに捧ぐ

金曜ロードショー秋コレ第2弾「僕の初恋をキミに捧ぐ」

ストーリーはこちら。
余命わずかと知りながらも、
小さな初恋と幼い約束を胸に真っすぐに純粋に生きる
2人の少年少女の姿を描き、
10代の少女から圧倒的な支持を受けている
青木琴美のコミック「僕の初恋をキミに捧ぐ」。
涙なしでは見られない切なすぎる恋物語を、
井上真央&岡田将生という
今最も勢いのある若手タッグで映画化した超話題作が、
遂に放送!
8歳にして自分の余命を知ってしまった逞(たくま)(岡田将生)は、
大きくなったら結婚しようと仲良しの繭(まゆ)(井上真央)にプロポーズ。
しかし成長した2人に、
次第に「死」の重さがのしかかってくる。
繭を傷つけないために、
と高校入学と同時に別れを決意する逞。
そんな逞を強気に叱り飛ばし、
温かく献身的に支え続けようとする繭。
しかし運命の時計の針は決して止まることはなく、
恋する2人を飲み込んでいく…。
死を前にした男女の哀しい恋の物語のはずなのに、
突き抜けて明るい主人公、
繭と逞を演じた井上真央と岡田将生の魅力にのっけからノックアウト!
人生で一番多感な季節を、
こんなにもお互いのことだけを思いあって生きていけるなんて…。
現実ではちょっと考えられないくらい
ピュアな恋愛をしっかりとリアルに感じられるのは、
2人のキャラクターあってこそだ。
弾けるような笑顔と、
ホッペタをつっつきたくなるほどキュートなふくれっ面。
そして笑顔の陰で見せる、
泣いてないのに泣いているみたいに見える弱々しい表情。
井上真央は、
原作の青木琴美先生が
「想像以上に繭の『強がりないじらしさ』が表現されている」と絶賛する、
すばらしい演技を見せてくれる。
一方の岡田将生がまた格別!
長い手足を持て余すようにして体育を見学している時の退屈そうな顔。
繭のブラジャーが見たいとか
セックスがしてみたいとか
スネたりドキドキしたりしているいたずらっぽい顔。
繭から「バカタクマ!」と罵られた時の切なそうな顔。
なによりも、
アッケラカーンとした大きな笑顔がキュンキュンしていて、
全女子のハートをぶち抜きまくりだ。
どこにでもありそうな普通の学生生活を丁寧に映し出した、
恋する2人の心情にピッタリと寄りそった演出は、
「ただ、君を愛してる」
「Life 天国で君に逢えたら」
「パラダイス・キス」
などの新城毅彦監督。
嫌みなほどに理想的な学園のスター・昂を演じた細田よしひこが、
ユニークなキャラクターを好演。
ほか、娘の初恋を温かく見守る医師・種田役の仲村トオル、
逞の両親役の杉本哲太、
森口瑤子、昂の母と祖父役の堀内敬子、山本學ら、
若い2人を温かく受け止める大人たちの抑えた演技も、
物語にリアリティを与えている。
互いへの恋と明日を信じてひたむきに生きる2人の姿と、
原作では描かれなかった“結末”から浮かび上がるのは、
生きているすべての瞬間の大切さ。
こんなに刹那的でヴィヴィッドな恋はできないかもしれないけど、
明日を楽しく一生懸命過ごすことは誰にだってできるはず。
前向きな気持ちで週末の予定を立てたくなる、
心が洗われるようなキラキラとした青春ラブストーリーだ。
(公式HPより)
借金問題解決のポイント QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。